FAQ

LINEがブロックチェーン事業を進める目的は?

LINEは、これまで多くのみなさんがLINEのサービスを利用し、成長の手助け=貢献をしてくれたことで成長することができました。

ブロックチェーンの技術をLINE Platformに導入することで、みなさんの貢献行為によって創出された価値を、LINEエコシステムの参加者のみなさんに還元する、ということを目的にLINEはブロックチェーン事業を推進しています。LINE Blockchainチームは、コミュニケーションアプリ「LINE」のように誰でも簡単に使用できるブロックチェーンプラットフォームを作っていきます。

Read more

LINE Blockchainエコシステムとは?

LINE BlockchainとLINEの暗号資産LINK(LN)を基盤としたブロックチェーンエコシステムです。

LINE Blockchain エコシステムでは、サービスに簡単にブロックチェーン技術を導入し、ユーザーに新しいサービス価値を提供できます。

Read more

LINE Blockchainとは?

LINE Blockchainは、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーンです。

LINE Blockchainを導入することにより、ブロックチェーン技術を簡単に利用してブロックチェーンサービスを構築することができます。また、LINEのブロックチェーン関連事業の総称でもあります。

Read more

LINE Blockchainの特徴・長所は?

シンプルで便利である点です。

「LINE Blockchain」は、ユーザーを第一に考え、技術に精通した人でもそうでない人でも、簡単に利用でき、シームレスにアクセスできるサービスを生み出していきます。

Read more

LINE BlockchainのBamboo chain、Cashew chain、Daphne chainのそれぞれのチェーンの特徴および役割は?

Bamboo chainは「LINK(LN)」を発行し、流通させるブロックチェーンネットワークです。

Cashew chain、Daphne chainはLINE Blockchain Developersを通じて生成したFT/NFTの発行と流通を担います。Cashew chainはテストネットワークであり、Daphne chainはメインネットワークです。

Read more

LINK(LN)はどのように使えますか?

ユーザーは、LINK(LN)を日本向け暗号資産取引サービスのBITMAXとグローバル向け暗号資産取引所の

BITFRONTで取引することができ、BITFRONTでは決済に使うこともできます。将来的に、コンテンツの支払い、EC、送金、ゲーム内取引、他の暗号資産との交換など、さまざまな用途でご利用いただける準備をしております。

Read more

LINK(LN)の発行量は?

LINKは年間の発行上限が決められています。

発行開始から最初の3年間は1億LNとなっていますが、4年目以降の年間発行上限は、前年までの総発行済み数量に対して毎年5%ずつ増加していく予定です。ただし、実際の発行数量は、LINE Blockchainのネットワークの規模や利用状況を元に、LTPの判断によって確定されます。LINKのアクティブユーザー数(Active Wallet)や、 取引量(Transaction Volume)の増加によって、LINE Blockchainのネットワークが加速度的に成長する場合でも、反対に、LINKが利用されないことなどによって、成長速度が著しく低下する場合でも、LINKが安定的に分配されるよう発行量が調整される仕組みになっています。LINKのユーザーへのインセンティブとリザーブの割合は、8:2です。LINKの総発行上限は10億LNであり、それぞれの割合は、インセンティブが8億LN、リザーブが2億LNとなります。

Read more

LINK(LN)はどのように取得できますか?

ユーザーは、LINK(LN)をインセンティブとするサービスを通じて、また暗号資産取引所での売買によりLINK(LN)を取得できます。

現在、LINK(LN)の取引が可能な取引所は「BITFRONT」(米国の一部の州および日本を除く全ての国向けサービス)と「LINE BITMAX」(日本向けサービス)で、近い将来、上場取引所を増やして流動性を高める計画です。

Read more

LINK(LN)の価値はどのように決まりますか?

LINK(LN)の価値は固定されておらず、

市場での需要および供給によって決まります。

Read more

LINE Blockchain Explorerとは?

LINE Blockchain Explorerでは、LINE Blockchainで生成されるブロックとトランザクションの内容を確認し、

トークンなどに関する詳細情報、LINK(LN)の発行量、流通量、アドレスなどを確認することができます。

 
※Alderは過去に使用していたMainnetであり、AlderベースのdAppsサービスとしてLINK ME/Wizball/4cast/を提供しておりましたが、既にサービス提供は終了しており、現在はご利用いただけません。

Read more

LINE Blockchainにはどのように参加できますか?

ブロックチェーンサービスを体験したい方は、LINEアカウントを連動すれば誰でもLINE Blockchainに参加することができます。

「LINE BITMAX Wallet」を通じてLINEユーザーは誰でも簡単にデジタルアイテムを保持することができ、「LINE Blockchain Developers」を通じて自分のサービスとLINE Blockchain上のデジタルアイテムを簡単に連動させることができます。LINE Blockchainエコシステムへの参加を希望する方は、お問い合わせページより問い合わせください。

Read more

LINE Blockchainにはどこから問い合わせできますか?

こちらのお問い合わせページより、

ご利用方法のご案内、技術サポート等についてお問い合わせいただけます。

Read more

FAQ

LINEがブロックチェーン事業を進める目的は?

LINEは、これまで多くのみなさんがLINEのサービスを利用し、成長の手助け=貢献をしてくれたことで成長することができました。ブロックチェーンの技術をLINE Platformに導入することで、みなさんの貢献行為によって創出された価値を、LINEエコシステムの参加者のみなさんに還元する、ということを目的にLINEはブロックチェーン事業を推進しています。LINE Blockchainチームは、コミュニケーションアプリ「LINE」のように誰でも簡単に使用できるブロックチェーンプラットフォームを作っていきます。

LINE Blockchainエコシステムとは?

LINE BlockchainとLINEの暗号資産LINK(LN)を基盤としたブロックチェーンエコシステムです。LINE Blockchain エコシステムでは、サービスに簡単にブロックチェーン技術を導入し、ユーザーに新しいサービス価値を提供できます。

LINE Blockchainとは?

LINE Blockchainは、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーンです。LINE Blockchainを導入することにより、ブロックチェーン技術を簡単に利用してブロックチェーンサービスを構築することができます。また、LINEのブロックチェーン関連事業の総称でもあります。

LINE Blockchainの特徴・長所は?

シンプルで便利である点です。「LINE Blockchain」は、ユーザーを第一に考え、技術に精通した人でもそうでない人でも、簡単に利用でき、シームレスにアクセスできるサービスを生み出していきます。

LINE BlockchainのBamboo chain、Cashew chain、Daphne chainのそれぞれのチェーンの特徴および役割は?

Bamboo chainは「LINK(LN)」を発行し、流通させるブロックチェーンネットワークです。Cashew chain、Daphne chainはLINE Blockchain Developersを通じて生成したFT/NFTの発行と流通を担います。Cashew chainはテストネットワークであり、Daphne chainはメインネットワークです。

LINK(LN)はどのように使えますか?

ユーザーは、LINK(LN)を日本向け暗号資産取引サービスのBITMAXとグローバル向け暗号資産取引所のBITFRONTで取引することができ、BITFRONTでは決済に使うこともできます。将来的に、コンテンツの支払い、EC、送金、ゲーム内取引、他の暗号資産との交換など、さまざまな用途でご利用いただける準備をしております。

LINK(LN)の発行量は?

LINKは年間の発行上限が決められています。発行開始から最初の3年間は1億LNとなっていますが、4年目以降の年間発行上限は、前年までの総発行済み数量に対して毎年5%ずつ増加していく予定です。ただし、実際の発行数量は、LINE Blockchainのネットワークの規模や利用状況を元に、LTPの判断によって確定されます。LINKのアクティブユーザー数(Active Wallet)や、 取引量(Transaction Volume)の増加によって、LINE Blockchainのネットワークが加速度的に成長する場合でも、反対に、LINKが利用されないことなどによって、成長速度が著しく低下する場合でも、LINKが安定的に分配されるよう発行量が調整される仕組みになっています。LINKのユーザーへのインセンティブとリザーブの割合は、8:2です。LINKの総発行上限は10億LNであり、それぞれの割合は、インセンティブが8億LN、リザーブが2億LNとなります。

LINK(LN)はどのように取得できますか?

ユーザーは、LINK(LN)をインセンティブとするサービスを通じて、また暗号資産取引所での売買によりLINK(LN)を取得できます。現在、LINK(LN)の取引が可能な取引所は「BITFRONT」(米国の一部の州および日本を除く全ての国向けサービス)と「LINE BITMAX」(日本向けサービス)で、近い将来、上場取引所を増やして流動性を高める計画です。

LINK(LN)の価値はどのように決まりますか?

LINK(LN)の価値は固定されておらず、市場での需要および供給によって決まります。

LINE Blockchain Explorerとは?

LINE Blockchain Explorerでは、LINE Blockchainで生成されるブロックとトランザクションの内容を確認し、トークンなどに関する詳細情報、LINK(LN)の発行量、流通量、アドレスなどを確認することができます。※Alderは過去に使用していたMainnetであり、AlderベースのdAppsサービスとしてLINK ME/Wizball/4cast/を提供しておりましたが、既にサービス提供は終了しており、現在はご利用いただけません。

LINE Blockchainにはどのように参加できますか?

ブロックチェーンサービスを体験したい方は、LINEアカウントを連動すれば誰でもLINE Blockchainに参加することができます。「LINE BITMAX Wallet」を通じてLINEユーザーは誰でも簡単にデジタルアイテムを保持することができ、「LINE Blockchain Developers」を通じて自分のサービスとLINE Blockchain上のデジタルアイテムを簡単に連動させることができます。LINE Blockchainエコシステムへの参加を希望する方は、お問い合わせページより問い合わせください。

LINE Blockchainにはどこから問い合わせできますか?

こちらのお問い合わせページより、ご利用方法のご案内、技術サポート等についてお問い合わせいただけます。