LINE Blockchainの
活用事例

世界中の様々な領域のサービスがLINE Blockchainをベースに、
新たな価値を作っていきます。

BITFRONT

Exchange ・ All except Japan

BITFRONTは、LINEのグローバル向け暗号資産取引所です。米ドルを利用して、ビットコインやイーサリアムなどの主要暗号資産を取引できます。また、LINEのブロックチェーンネットワーク「LINE Blockchain」ベースの暗号資産「LINK」も取引が可能です。 (日本からアクセスいただくことはできません)

BITMAX

Exchange ・ Japan

BITMAXは、LINEの日本向けの暗号資産取引サービスです。「LINE」上から手軽で簡単に利用でき、「LINE Pay」との連携でスピーディな日本円の入出金や、1,000円以下からの少額取引が可能です。暗号資産取引のエントリーモデルを目指し、未経験者や初心者の方にわかりやすいシンプルなUI/UXを徹底したサービス提供をしています。LINEの暗号資産「LINK」も取引が可能です。

LINE Pay

Payment ・ Japan

LINE Payは、LINE株式会社の「CLOSING THE DISTANCE」のコーポレートミッションの下、人や企業とお金との距離を近づけ、シームレスに繋げることで、摩擦をなくしていくことを目指しております。 2014年12月にコミュニケーションアプリ「LINE」上で、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を提供開始し、国内での登録者数は約3,880万人、台湾・タイを含めたグローバルでは5,500万人以上が登録しております(2020年6月末時点)。

LINEスコア

Scoring ・ Japan

「LINEスコア」は、AIを活用したLINE独自のスコアリングモデルを活用し、「日常をちょっと豊かにする」をコンセプトとしたスコアリングサービスです。2019年6月のサービス開始から約1年で登録者数500万人を突破し、国内最大規模に成長を続けています。様々なキャンペーンや特典などを提供しており、2019年8月より提供を開始した個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」にも「LINEスコア」を活用しております。(下記のリンクはスマートフォンからのみアクセス可能です)

LINE証券

Securities ・ Japan

「LINE証券」は「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をミッションに、2019年8月よりサービス開始した新スマホ投資サービスです。「LINE」アプリ上から「1株単位」「現物取引(100株単位)」「信用取引」の3つの取引方法から選択し、取引することが可能です。また2019年11月から投資信託の取扱いをスタートし、2020年6月から投資信託のつみたて投資の提供も開始しています。

linksign

e-Contract ・ Japan

Linksignは、AIとブロックチェーンに基づく電子契約プラットフォームです。契約の全過程をリアルタイムで確認できます。契約の進行中に、文章の変更、レビュー、署名、署名の完了、拒否ができます。また、フィルター機能で進捗状況を管理することもできます。法律事務所が作成するさまざまな契約書フォームが準備されています。信頼できる契約書フォームを使用し、簡単にドキュメントを作成してみましょう。

Knights Story

Game ・ Global

Knight Story(ナイトストーリー)は、ブロックチェーン技術を組み合わせたモバイルRPGゲームです。プレイヤーはナイトとして、ペットと一緒にバトルをしながら素材を集め、集めた素材を組み合わせることで装備アイテムを作製、強化することができます。木、鉄、虎の骨など約70種類の素材を組み合わせると、刀、弓、甲冑、指輪など200種類以上のアイテムに変身します。 ゲーム内で獲得したアイテムは全てLINE Blockchain NFT(ノンファンジャブルトークン)アイテムとして設定されているため、プレイヤーはアイテムを保有したり、他のプレイヤーと交換することができます。

aFan

Social ・ Japan

aFanは、ブロックチェーンをベースに、クリエイターとファンを繋ぐ新しいソーシャルメディアです。 ユーザーは、写真家、イラストレーターなどのクリエイターに直接「FANCO(ファンコ)」というトークンを贈ることができ、クリエイターのコンテンツ制作や活動をサポートすることができます。 クリエイターはリアルタイムでファンを確認したり、FANCOを贈ることもできるため、従来のソーシャルメディアより密にファンとコミュニケーションをとることができます。

LINE Blockchainでイノベーションを

各種お問い合わせ

LINE Blockchainの
活用事例

世界中の様々な領域のサービスがLINE Blockchainをベースに、新たな価値を作っていきます。

BITFRONT

Exchange ・ All except Japan

BITFRONTは、LINEのグローバル向け暗号資産取引所です。米ドルを利用して、ビットコインやイーサリアムなどの主要暗号資産を取引できます。また、LINEのブロックチェーンネットワーク「LINE Blockchain」ベースの暗号資産「LINK」も取引が可能です。 (日本からアクセスいただくことはできません)

BITMAX

Exchange ・ Japan

BITMAXは、LINEの日本向けの暗号資産取引サービスです。「LINE」上から手軽で簡単に利用でき、「LINE Pay」との連携でスピーディな日本円の入出金や、1,000円以下からの少額取引が可能です。暗号資産取引のエントリーモデルを目指し、未経験者や初心者の方にわかりやすいシンプルなUI/UXを徹底したサービス提供をしています。LINEの暗号資産「LINK」も取引が可能です。

LINE Pay

Payment ・ Japan

LINE Payは、LINE株式会社の「CLOSING THE DISTANCE」のコーポレートミッションの下、人や企業とお金との距離を近づけ、シームレスに繋げることで、摩擦をなくしていくことを目指しております。 2014年12月にコミュニケーションアプリ「LINE」上で、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を提供開始し、国内での登録者数は約3,880万人、台湾・タイを含めたグローバルでは5,500万人以上が登録しております(2020年6月末時点)。

LINEスコア

Scoring ・ Japan

「LINEスコア」は、AIを活用したLINE独自のスコアリングモデルを活用し、「日常をちょっと豊かにする」をコンセプトとしたスコアリングサービスです。2019年6月のサービス開始から約1年で登録者数500万人を突破し、国内最大規模に成長を続けています。様々なキャンペーンや特典などを提供しており、2019年8月より提供を開始した個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」にも「LINEスコア」を活用しております。(下記のリンクはスマートフォンからのみアクセス可能です)

LINE証券

Securities ・ Japan

「LINE証券」は「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をミッションに、2019年8月よりサービス開始した新スマホ投資サービスです。「LINE」アプリ上から「1株単位」「現物取引(100株単位)」「信用取引」の3つの取引方法から選択し、取引することが可能です。また2019年11月から投資信託の取扱いをスタートし、2020年6月から投資信託のつみたて投資の提供も開始しています。

linksign

e-Contract ・ Japan

Linksignは、AIとブロックチェーンに基づく電子契約プラットフォームです。契約の全過程をリアルタイムで確認できます。契約の進行中に、文章の変更、レビュー、署名、署名の完了、拒否ができます。また、フィルター機能で進捗状況を管理することもできます。法律事務所が作成するさまざまな契約書フォームが準備されています。信頼できる契約書フォームを使用し、簡単にドキュメントを作成してみましょう。

Knights Story

Game ・ Global

Knight Story(ナイトストーリー)は、ブロックチェーン技術を組み合わせたモバイルRPGゲームです。プレイヤーはナイトとして、ペットと一緒にバトルをしながら素材を集め、集めた素材を組み合わせることで装備アイテムを作製、強化することができます。木、鉄、虎の骨など約70種類の素材を組み合わせると、刀、弓、甲冑、指輪など200種類以上のアイテムに変身します。 ゲーム内で獲得したアイテムは全てLINE Blockchain NFT(ノンファンジャブルトークン)アイテムとして設定されているため、プレイヤーはアイテムを保有したり、他のプレイヤーと交換することができます。

aFan

Social ・ Japan

aFanは、ブロックチェーンをベースに、クリエイターとファンを繋ぐ新しいソーシャルメディアです。 ユーザーは、写真家、イラストレーターなどのクリエイターに直接「FANCO(ファンコ)」というトークンを贈ることができ、クリエイターのコンテンツ制作や活動をサポートすることができます。 クリエイターはリアルタイムでファンを確認したり、FANCOを贈ることもできるため、従来のソーシャルメディアより密にファンとコミュニケーションをとることができます。

LINE Blockchainで
イノベーションを